オンライン講座「LGBTQ+のユースをサポートする人のためのポジティブ・ユース・ディベロップメント(PYD)」


2021年九州レインボープライド、通称『QRP』の開催を祝して、『Celebrate QRP Webinar: LGBTQ+ユースをサポートする人のためのポジティブ・ユース・ディベロップメント(PYD)講座』を開催いたします! ■内容 ユース支援現場での新しいアプローチ『PYDアプローチ』をアメリカで有色人種のLGBTQ+のユース支援に関わってきた講師と一緒に学びます。 従来のユース支援は「問題の解決」や「問題の予防」を目指して発展しました。PYDアプローチは、「問題の予防」のために生まれた背景は同じですが、それ以上にユースの長所を伸ばし、健康的な方法で成人期に移行するための支援や機会を提供することを重視します。また、従来のユース支援では「問題を抱える一部のユース」が対象ですが、PYDアプローチではどんなユースも対象になります。 LGBTQ+ユースとの関わり方をよりボジティブなものにしたいとお考えの皆さんや、大人との関わりに違和感があるユースの皆さん、ぜひご参加ください! ■講師:Proud Futures 共同代表 向坂あかね (Akané Kousaka, LICSW, she/her/hers) 2010年からアメリカ合衆国でLGBTQ+の子ども・若者へのケアやアドボカシーを含むユースワークやIPV (パートナー間で起きる暴力)サバイバーへのサポートなどを開始。2013年からセラピストとしてアメリカ合衆国のNPO団体『Boston GLASS』で有色人種のLGBTQ+のユースと、LGBTQ+の人を含む家族の心のトラウマなど、メンタルヘルスのケアを提供。同団体所属の他のセラピストへのクリニカル・スーパービジョンとマネジメント業にも従事。 2020年12月より日本に拠点を移し、現在はLGBTQ+の子ども・ユースとその人達をサポートする大人へのリソース作りと共有を行う団体『Proud Futures』(通称ぷらちゃ)の共同代表として活動する他、東京都新宿区の常設のLGBTQ+センター『プライドハウス東京レガシー』や早稲田大学『GSセンター』でジェンダーとセクシュアリティなどに特化したユース相談支援を行っている。 ■対象 LGBTQ+のユース支援に関わっている方・これから関わりたいとお考えの方 ■参加方法 Web会議ツール『Zoom』を使用します。 当日のリンク等は、前日にお送りします。 **Zoomを初めて使う方は、事前に使い方を調べたり、試しに使ってみたりすることをおすすめします** ■参加費 500円~3000円まで、6種類のチケットをご用意しています。参加してくださる皆さんそれぞれの状況に合わせて、お好きなチケットをお選びください。どのチケットも講座の内容は同じものです。 また、Proud Futuresでは9月からLGBTQ+の児童・生徒への対応に関する学校向けの無料オンライン相談もスタートしました。可能な方はぜひ応援チケットを通して活動のご支援をお願いいたします。


■お申し込み

こちらのPeatixページからお申し込みください。

■お問い合わせ こちらのフォームからお願いします。 ■主催 Proud Futures


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示