Proud Futures

​私たちが目指すもの (Mission & Vision)

Proud Futuresが実現したい未来は、『LGBTQ+の子ども・若者が安心な気持ちで、自信をもって、自由に生きられる社会』です。

そのために、LGBTQ+の子ども・若者とサポートする大人へのリソース作りと共有を通してLGBTQ+の子ども・若者にとってより良い今と未来を作るための活動を始めました。

共同代表がそれぞれボストンと福岡で培ってきたLGBTQ+の子ども・若者支援の経験や知識を持ちより、2020年に発足。専門分野は、LGBTQ+の子ども・若者のメンタルヘルスケア、アドボカシー、LGBTQ+インクルーシブ教育です。


 

​私たちが大切にすること (Values)

​コラボレーション

  • 私たちは一人より、誰かとコラボレーションした方がより強く、良いものを生み出せると信じています。

  • ​子ども・若者と大人とのコラボレーションやパートナー団体とのコラボレーションを大切にします。

公正

  • 私たちは『平等』よりも『公正』であることを大切にします。それは、全ての人に同じものを同じだけ提供する(平等)のではなく、一人ひとりのニーズや、抑圧や特権の違いを認めて公正(フェア)なサポートをするということです。

​ユースセンタード

  • 私たちは常にLGBTQ+の子ども・若者の最善の利益とLGBTQ+の子ども・若者ができること、やりたいことを積極的に伸ばすことに焦点を当てます。

  • LGBTQ+の子ども・若者は積極的・能動的に自身の発育を促すことができる人材であると信じています。

​楽しむ

  • 私たちは楽しむことが自信につながると信じています。

  • 楽しみながら関係性が構築できる環境作りや、わくわくする企画・仕事を創出することを大切にします。

​共同代表

​向坂あかね (Akané Kousaka, she/her/hers)

2010年からアメリカ合衆国でLGBTQ+の子ども・若者へのケアやアドボカシーを含むユースワークやIPV (パートナー間で起きる暴力)サバイバーへのサポートなどを開始。2013年からセラピストとしてアメリカ合衆国のNPO団体GLASSで有色人種のLGBTQ+の若者と、LGBTQ+の人を含む家族の心のトラウマなど、メンタルヘルスのケアを提供してきました。日英バイリンガル。

小野アンリ (Anri Ono, they/them/theirs)

2008年から講演活動をスタートし、2012年に仲間と共にFRENSを発足。24歳以下のLGBTQ+の子ども・若者をサポートする活動に取り組んできました。

専門はLGBTQ+インクルーシブ教育で、小学校教員だった経験も生かしてLGBTQ+の子ども達も安心して通える学校にしていくための取り組みや個別対応に関する研修や具体的な提案をしたり、直接的な相談支援を行ったりしています。